官能小説朗読モデルのお仕事内容

お電話はこちら
HOMEトップページ > お仕事内容

HOMEお仕事内容

官能小説お仕事内容

官能小説朗読モデルのお仕事はシンプルにいうと、その名の通り官能小説を朗読するのが仕事になります。
官能小説朗読会というイベントにおいて、朗読によって官能小説の世界感をリアルに伝えることが朗読モデルの役割となります。

未経験者でもスタッフが読み聞かせの練習に付き合いますので、安心してお仕事をスタートできます。

朗読する官能小説は事前にスタッフが用意します。
もしご自身で読みたい本などがあれば事前にスタッフとご相談下さい。

読むページ数などもイベントの時間に合わせてスタッフが調整致します。イベント時間は大体50分で本を読む時間は実質30分くらいが目安です。

朗読会イベントの当日の流れは下記をご参考にしてください。
※必ずこの通りとは限りませんので、ご了承ください。

朗読イベントの流れ

  • 朗読イベント開始の挨拶
    自己紹介をして、本日の官能小説で朗読する本の紹介などをします。
  • イベント参加者と歓談
    場の雰囲気をリラックスするために少しの時間、参加者の方々と歓談をします。
  • 官能小説の朗読
    いよいよ官能小説の朗読をはじめます。その世界に入りきった気持ちでエクスタシーな世界を読み聞かせしていきましょう。
  • 閉会の挨拶
    官能小説の朗読が終わったら終わりの挨拶をします。「ありがとうございました。」と最後に一言そえましょう。
  • 握手・サイン
    最後に5分程度、参加者と握手やサインをする時間を設けます。笑顔でご対応お願いします。

HOME注意事項

※参加者との連絡先や住所等の個人情報の交換は禁止です。
※性的風俗サービスは一切禁止しております。その他、社会通念に反する行為も禁止されております。