官能小説を朗読するとお金になるの? ヨムカノコラム

お電話はこちら
HOMEトップページ > ヨムカノコラム > 官能小説を朗読するとお金になるの?

COLUMNヨムカノコラム

官能小説を朗読するとお金になるの?

官能小説がブームの兆し

官能小説とは簡単に言えば、性表現の含まれた小説を指します。
その中でも挿絵のついたものはジュブナイルポルノと呼ばれる事もあるようですが
広義には同じものとして問題ないでしょう。

かつて、ケータイ小説がブームになりました。
近年では小説投稿サイトも人気があります。
そういった投稿サイトに寄せられた小説を原作として
ドラマ化、アニメ化、映画化などされることも珍しくはありません。
また、性表現のある官能小説投稿サイトも人気があります。
全年齢のものと同様に、これを原作としてAVが作られる事もあります。

なぜ、いま小説なのか?
ケータイ小説は、携帯電話で読める手軽さがヒットに繋がりました。
当時好まれていた内容も、当時の携帯電話の性能に合わせた書き方の文章でした(改行が多い、会話だけで話が進むなど)。
機器の性能の問題もありましたが、結果的にそういった内容の簡単さが若い人達に受け入れられ爆発的人気を得たのです。

性能の問題はスマートフォンや高速回線の普及によって解決しましたが
そうなると、時間を潰す娯楽の中心はケータイ小説から他のものに移っていきました。
ゲームやYouTube、SNSなどです。
しかし、外出先でそれらを見ていると、電池や通信量をたくさん消費してしまいます。

そこで、小説であれば通信量も食わないし、電池も減りづらい。
あるいは、通信制限がかかった後に楽しむものとしての人気もあるのです。

スマートフォンは一人一台持っているものですから
官能小説を隠れて楽しむ人も多いというわけです。

このように、若年層の間でも
官能小説は一定の地位を確立しているのです。

2016年8月に岐阜県飛騨市の図書館で官能小説の朗読会が開催され、
開催地が地方にも関わらず多くの人が集まりました。
官能小説は自分で読んでも魅力的ですが
女の人に読んでもらうことで違った魅力を見せるものですし
そして何より「女の人が読んでくれるんだ」という期待感が生まれます。

さらに近年では、官能小説を朗読したものを録音し
それを配信しているサービスもあります。
そして、そのサービスがひそかに人気になっているのです。

官能小説朗読って?

先ほども説明した通りですが、官能小説を朗読する事を指します。

台本とマイクが用意された個室で読み上げ、
それを別室で聴くというお店があるのです。

お客様に知れるのは声だけにできるから安心ですし
顔を出さないからといって決して劣る事もなく
小説を読んで想像するのと同じように
声だけだからこそ、むしろ想像力をかきたてられるという面もあります。

最近は過激なマンガやアニメも多くなっているので
仕事のために、声優の卵やプロの声優さんも
トレーニングも兼ねてこうした仕事をする事があるそうです。
スタジオでの朗読は録音されないその場限りのものですので、
プライバシーを気にする人たちにとっても都合がいいのです。

スタジオで直に読み聞かせを行う以外にも、
自宅やスタジオで音声収録をしたものを
インターネット上の販売サイトを通じての販売することも行われています。
聴き手側も手軽に購入できますから、近年はこちらも人気があります。

官能小説の朗読はお金になるんです!

官能小説は人気があり、仕事としても高収入が見込めるんです!
近年の人気は相当なもので、官能小説朗読用のスタジオがあるほどです。

インターネットでも官能小説朗読音声は販売されています。
これは自宅に録音環境があれば仕事をする事が可能です。
今はインターネットの時代ですから、色々な仕事の仕方があります。
ヨムカノでは様々な形での官能小説朗読のお仕事をご案内できます。

ご興味のある方は電話やメール、LINEなどで
いつでもお気軽にご連絡ください。
まずはご相談だけでも大歓迎です!

ご不明な点に対する疑問など、なんでもお答えいたします。
ご連絡はこちらから